top of page

舌磨きは、コロナ予防になる?!

更新日:2022年1月25日

こんにちは。

楽しむ予防歯科の専門家、楠原佑佳です。


前回のブログで、

新型コロナウィルスの症状について

お話しました。


今回は、

これから第2波が懸念される

新型コロナウィルスに感染しないために、

あるいは、

感染したとしても軽い症状で済むように、

日頃できる口のお掃除についてです。



今日のお話は

「毎日、舌を磨こう!」 


今、舌磨きの大切さが

見直されています。


では、なぜ舌を磨くと

コロナ予防につながったり、

コロナに感染しても軽い症状でいれるのか、

について、順にお話していきます。


 

⒈ 舌を磨いて何をとるの?

⒉ 舌が汚れていると、どんな悪いことが起こるの?

3.舌磨きはコロナ予防になる!

 


⒈舌を磨いて何をとるの?


みなさん、

今、鏡の前で、

自分の舌をベーっと出して、

じっくり見てみてください。


舌の真ん中当たりの色は

何色ですか?


ピンク色!と答えた方は、

問題のないキレイな舌です。



真っ白!と答えた方。

実はその濃い白色は、

舌そのものの色ではなく、

舌の上に積もり積もった汚れの色なんです。


その白い物体を

専門用語では「舌垢(ぜったい)」と呼びます。


読んで字の如く、

舌の垢(あか)


つまり、

皮膚の垢と同じように

口の粘膜が古くなって剥がれたものが

舌の上に溜まっています。

その他に、ご飯の食べカスなども乗っかって。


そんな老廃物や、食べカスを目当てに

凄まじい数のバイ菌が集まり、

舌の上でエサを食べて暮らしています。



これが「舌垢」の正体です。


想像するだけで

かなり汚いですよね。


では舌を磨いて何をとるのか?


この

老廃物+食べカス+無数のバイ菌=「舌苔」

を取るのです。


⒉ 舌が汚れていると、どんな悪いことが起こるの?

舌が汚れているとは、

言い換えると

舌の上に「舌垢」が、たくさん積もっている状態。


舌垢の成分は

・老廃物

・食べカス(生ゴミ)

・バイ菌

です。


この3つの構成部員をイメージしながら、

舌垢が体にどんな悪影響を及ぼすのか

見ていきましょう。


悪影響はたくさんありますが、

一番気をつけたい影響は

肺炎です。



肺炎

 肺炎とは、肺に炎症を起こす病気のこと。

 その原因は、

 細菌やウィルスが肺に入ってしまうことです。


 炎症とは

 「自分の体が、外から入ってきた敵と戦っている状態」

 のことを言います。


 炎症は、自分の体を敵から守ろうとする、

 体にとっては良い反応なのですが、


 その戦いの最中、私たちは

 熱が出る、痛い、腫れる、などの

 辛い症状を感じます。


 話を戻すと、

 舌垢を磨かず、舌の上にバイ菌が溢れていると、

 食事の時などに

 ごくんとバイ菌を飲み込んでしまいます。


 そして菌達は

 喉を通って体の中に入っていきます。

 

 私たちの体が健康な状態だと、

 バイ菌たちは喉を通過し切ることができません。

 喉のバリアーによって

 それ以上体の中には侵入できないのです。


 しかし

 風邪を引いたりなどで

 体の免疫力が落ちているときは、

 バリアー機能も弱まっているため、

 バイ菌たちが喉を通過して 

 それより先の体の奥へと侵入してしまいます。


 この先にすぐに待ち構えるのは

 気管支、肺。


 気管支や肺に細菌やウィルスが入り込むと

 気管支炎や肺炎になってしまいます。


 新型コロナウィルスの症状で、

 最もしんどく、最悪死にいたる症状が肺炎です。


 肺炎を予防することは、

 新型コロナウィルスの重症化を防ぐということ。



 舌にはたくさんの菌やウィルスが棲みつきます。

 なぜなら、

 舌は、細い毛が集まってできている構造だから。


 舌は、毛の長い絨毯に似ています。


 例えば、

 毛の長い絨毯には、繊維の中に

 ダニがたくさん棲みついていますよね。

 

 そして掃除せずダニを放置しておくと、

 アレルギーの原因になってしまいます。


 全く同じで、

 舌の上の毛にも

 400種類もの細菌がくっついていて、

 新型コロナウィルスも舌にくっつきます。


 舌を掃除せず、

 菌やウィルスを放置しておくと

 そのまま飲み込んでしまい、

 結果、肺炎になるリスクが上がってしまいます。


 つまり、

 舌を磨いて、菌やウィルスをとることは

 肺炎の予防に役立ち、

 それは新型コロナウィルスの重症化を予防することにもつながるのです。

 


まとめ

 舌磨きをすると

 舌の上にたまる垢(舌苔)を取ることができます。


 舌苔の中には

 細菌やウィルスがたくさん住んでいて、

 掃除しないでいると

 飲み込んで体の奥にどんどん入り、

 入った場所の臓器で炎症を引き起こします。


 新型コロナウィルスの症状で1番怖い「肺炎」も

 その炎症の1つです。


 ですから、

 舌を磨いて細菌やウィルスをきれいにとっておく事は、

 新型コロナウィルスに感染を予防したり、

 感染したとしても肺炎がひどくなることを予防することに

 つながるのです。



 



 



 

 

 

 

 

 

 


 








0件のコメント

Comentários


プロフィール画像.JPG

くすはらゆか

歯科医師/幼児心理アドバイザー

普段は歯科医師として、子どもから大人まで虫歯の治療をしています。出産後、育児の大変さを日々痛感し、この体験を機に子どもの虫歯予防団体「Lovetooth」を起業。子どもの虫歯予防のホントに大切な話や、時短で効果の高い歯のケア法などを発信しています。

​\Follow me/

  • YouTube
  • Instagram
  • Twitter

カテゴリー別

bottom of page